ウェディング

結婚の出会いの場は?ウエディングプランナーに聞いてみた!

更新日:

ウエディングプランナーという仕事はなかなか興味深いもので、新郎新婦カップルと、言ってみればお友達のような関係を築くことができるとても魅力的な仕事なのです。

 

 

仲良くなったカップルたちに、馴れ初めや結婚を決心したきっかけを聞くことも結構あります。

どんなきっかけで出会い、そしてどんなきっかけで結婚まで行きついたか、もちろんいろいろなケースがありますが、今回はその一部をご紹介します。

友人の紹介で

私がプランナーをしていて、カップルの馴れ初めを聞いてきた中で、最も多かったのがこちら、「友人の紹介」ではないでしょうか。

 

 

友達の友達で・・なんて回答が本当に多いです。紹介されてお付き合いに至る、そしてそのまま結婚にゴールインというパターンですが、この方法のいい点は、「素性が信頼できる」ところです。

 

 

友人からの紹介で「何かよくわからないからこの人信じられないな」なんて思うことはありますか?ないですよね。信頼できる友人の紹介だからこそ信じられるその相手の素性。

もちろん、恋愛に発展するかどうかはともかく、安心できる出会いの方法です。

 

 

友人の紹介をきっかけにお付き合いをする場合、やはり間に共通の知人を介していることが多いため、結婚式もとっても賑やかになります。

そもそも、友人紹介でお付き合いを始めたカップルが長続きする理由としては、「周りの人たちとの結びつきも生まれるため、絆が深まりやすい」ということもひとつ挙げられますね。

 

 

やはり、何かカップルの中で問題が発生した時でも、共通の知人がいてそこの関係性がしっかり出来ていれば、何かしらのフォローも出来ますし、そうやって危機を回避することが出来るということです。

 

 

とにかく、「友人の紹介」で知り合った2人がそのままゴールインすることがとっても多かったです。

婚活パーティーでの出会いもおすすめ!

これもまた多かったのが、「婚活パーティー」での出会いです。

婚活と聞くと、なんだかおおごとなような感じがしますし、お見合いのようなイメージさえ浮かぶのであまりピンとこないかもしれませんが、簡単に言うと「大きな合コン」みたいなものです。ちょっと規模は大きいですし、参加者の本気度も高いですが。

 

 

婚活パーティーは各地でいつでもどこでも、主に週末行われています。

参加されたことのない人にとっては、なんだか敷居が高い気がするかもしれませんが、そんなことはありません。割とカジュアルなパーティーであることが多いので、意外と皆気軽に楽しみに来ている感じです。

 

 

婚活パーティーにはどういう人が参加しているかというとそれは「結婚したい!」人たち。当たり前ですよね。なので、これまた当たり前に「本気度」が高いです。

 

 

本気でやってきます。結婚相手を探したいという目的で人が集まっているため、「いや全然いま結婚とか考えてなくって」なんでいう人間がいないのです。

 

 

これはすごく効率的なことで、気に入った相手が「結婚に興味がない」などという悲劇的な結果を生みませんし、これまた事実ですが、多くの婚活パーティーが男性は割と高い金額を払って参加しているケースが多いので、「結婚」を目的とした異性としっかり出会っていくことが出来るのもメリットですね。

職場恋愛から結婚へ

今も昔も変わらない、ひとつの定番として「職場恋愛」があげられます。

忙しい日々の中、出会いの機会もそれほどたくさんあるわけではありません。そんな中でいつの時代も多い出会いのきっかけとして「職場恋愛」があります。

 

 

職場というのは、1週間のうち5日間を過ごす場所ですから、やはりここで出会ってしまうケースは多いわけです。

さらには、職場恋愛というのはどうしても「周りに知られる」ことが多いため、結果的に交際を公にし、「結婚」というきっちりとしたケジメをつけるところまで行きつく確率が高いとも言えます。

 

 

そして、多くの新郎新婦カップルから聞いた馴れ初めストーリーの中に、「職場恋愛の末、転勤を機に結婚を決めた」という内容が多くありました。

交際から結婚に至るまでには、何かと思い切りが必要ですし、多くのカップルが様々な理由で結婚というゴールに行きつくわけですが、これには何かしら「親の意見」だったり「仕事の転勤」という外的要素が影響していることが多いのです。

 

 

優柔不断なカップルも、たとえば転勤話がでたとしたらどうでしょう。女性の方が男性についていくケースがやはり多いです。その時に結婚というひとつのケジメをつけるということですね。とっても多い理由です。

長い交際期間を経て

また、カップルの中には、学生時代からの交際で晴れて結婚まで行きつきました!というケースもありましたね。ただ、割合としては少なかったです。10%くらいでしょうか。

私が担当したカップルの中に、交際10年の記念日に結婚式をするというカップルがいました。

 

 

10年付き合っていて、なぜ今になって結婚を決めたのか聞いてみると、このような回答でした。

「18歳のときから10年間付き合ってきた。いま28だけど、正直結婚してもしなくても何も変わらないかなと思っていたから、どんどん婚期を逃した。

 

 

でも彼女の方が30になるまでに子供が欲しいと言ったので、結婚することに決めた。同棲しているのでほとんど生活も変わらないから、あまり実感がないなぁ」

とのこと。こういったカップルは、本当に仲が良くやはり長く一緒にいるので、とっても空気が穏やかです。私の周りにいるカップルの例を考えてみても、交際期間の長いカップルはなかなか結婚まで行きつかないケースが多いように思います。

 

 

きっと一緒にいることに慣れすぎていることと、結婚しなくても今のまま一緒にいられるからいいという思いから、ずるずる結婚というタイミングを逃すのでしょう。

プロポーズって皆どうしてるの?

女性なら誰でもあこがれるプロポーズ。ですが、意外や意外、結構世間のカップルはきちんとプロポーズをしています。

当たり前だろ!と思ったかもしれませんが、どうでしょう。私は結構おどろきました。

 

 

実に8割ほどの割合で、きちんとプロポーズというイベントが行われているのです。(すみません、私の担当した新郎新婦カップルの話ですが・・)

その多くは、ホテルやレストランでロマンチックにプロポーズをしたり、また自宅でのプロポーズというパターンもありました。しかし何にせよ、結構皆きちんとしてるんだなぁ!というのが私個人的な感想です。

 

 

中には非常にこだわって演出しているケースもありました。念入りにサプライズの計画を練って、彼女を感動させたというエピソードもたくさん聞きました。

まだまだ、世の中捨てたもんじゃないな!と感じましたね。

 

 

もちろん中には、「ちゃんとプロポーズしてないんですよね」という男性の声も聞きました。

そんな方には、結婚式の中でのサプライズ演出としてプロポーズを改めてその場でしてもらうようにおすすめし、結婚式当日に彼女にとびきりハッピーな思いを味わってもらっています。最高のサプライズですよね。

まとめ

世の中のカップルが、何をきっかけに結婚相手と出会い、どのように結婚までたどり着いているのかを今回はまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

 

出会い方、プロポーズの有無など実に人それぞれです。カップルの数だけストーリーがあります。あなたにもきっと素敵なお相手がみつかりますように!

20代向け転職
30代向け転職
40代向け転職
年収を上げたい
未経験の方へ
本社勤務
異業種へ
  • この記事を書いた人

山下早希(36歳)

婚活アドバイザー歴5年 31歳の時、彼氏のいない現実に焦り、パーティー・SNSで出会いを求めたがことごとく失敗。。結婚相談所に通い、今の旦那(35歳)に出会いました。

-ウェディング

Copyright© 結婚相談所比較ちゃんが徹底分析! , 2019 All Rights Reserved.