職業別の婚活テクニック

官僚が結婚できない3つの理由!官僚と結婚するための婚活方法

更新日:

結婚相手の職業ランキングでつねに上位の「公務員」。安定した職業で倒産もクビもないので、将来的にも安心です。

 

しかし公務員といっても、さまざまです。極端にいえば小さな村役場の職員から内閣総理大臣まで...。つまり同じ公務員でも、職種によって収入が大きく変わるのです。

 

理想は年収の高い公務員と結婚することではないでしょうか。つまり「キャリア官僚」と呼ばれる人たちです。

 

でも官僚と聞いても身近な職業ではないので、いまいちピンときませんよね?

 

「エリートっていうのは分かるけど...」
「育ちのいいお嬢さまと結婚しそうなイメージ」

 

いえ、実は違います。官僚のリアルな結婚事情は、私たちのイメージとは異なるようです。今回は官僚の仕事内容や年収、結婚事情など詳しく分析してみました!

 

官僚の仕事内容、平均年収を知ろう!

官僚の仕事内容について

最初に官僚について詳しく知っておきましょう。まず官僚とは、中央省庁に勤める国家公務員です。

 

中央省庁とは、以下を指します。

中央省庁

  • 財務省
  • 外務省
  • 経済産業省
  • 警察庁
  • 総務省
  • 金融庁
  • 防衛省
  • 厚生労働省

 

そして官僚のおもな仕事は、予算案を作成し国会に提出することです。国会で決まった法律や予算に基づき、具体的な政策を考え、実務を行ないます。

 

国会中継で答弁する大臣の後ろに座って、官僚たちが資料を渡している光景をよく目にしますよね。このように官僚は国政に関わる重要なポジションなのです。

 

官僚の出世の流れ、平均年収について

官僚の年収、...高そうなイメージを持っている人も多いと思います。まずは官僚の年収に関わる、一般的な出世の流れについて見ていきましょう。

 

官僚は採用されて3年くらい採用されて3年くらいは雑務などをこなしながら、経験を積みます。

 

その後3〜5年目で係長になり、7〜10年目で課長補佐、室長、課長…というような流れですね。

 

出世の流れ

採用されて3年は経験を積む期間

3〜5年目で係長

7〜10年目で課長補佐

室長

課長

 

官僚の初任給は20万円台前半なのですが、事務次官までのぼり詰めるとなんと年収3000万円を超えます!夢がありますね^^

 

気になる年代別の平均年収は、20代前半で約550万円

 

勤続年数や役職とともに徐々に収入が増え、50代の平均年収は約1,150万円です。

 

官僚は忙しい職業なので、時給に換算すると驚くほど安いそうなのですが、公務員なので倒産やクビの心配がありません。安定した収入が保証されるので、結婚相手としてはとても魅力的な職業ですよね。

 

官僚が結婚できない3つの理由とは!?

こんなハイステータスな男性、モテると思いませんか?20代のうちに、ちゃっかり結婚する人もいます。

 

しかし婚期を逃してしまう男性も多いようです。官僚の男性が結婚できない理由は、おもに3つあります。

その1:恋愛する時間がない

先ほどもお話しましたが、官僚は仕事が忙しいです。

 

国会開会中など特に忙しい時期は不眠不休が続き、家に着替えに帰るだけ...なんてこともよくあります。勤務時間が100時間超/月なんて、めずらしいことではありません。

 

そんな多忙な中で、恋愛や婚活をするヒマもない男性が多いようです。

その2:出会いがない

職場の出会いも少ないようです。

 

女性の社会進出が進んではいるものの、女性官僚はまだまだ少ない状況。非常勤職員の女性もいるのですが、独身の若い女性ばかりというわけでもありません。

 

プライベートの時間に、出会いを求めるしかないようですね。

その3:転勤が多い

官僚は、転勤が頻繁にあります。一般的には、1〜3年周期です。

 

転勤の範囲は、国内だけでなく、海外の可能性もあります。せっかく彼女ができても、すぐ転勤になってしまい、遠距離...。

 

忙しい官僚の男性にとって、遠距離恋愛を続けていくのは、とても難しいことでしょう。

 

なんか同情したくなりますね...。でもその分、私たちにも結婚できるチャンスがあるということです!

 

官僚と結婚できる婚活方法について

男性にとって、仕事上の転機、つまり、「転勤」は、結婚を考えるキッカケになります。

 

仕事が忙しく、転勤の多い官僚の男性は、その気持ちがもっと強いでしょう。「癒される家庭が欲しい」と。

 

しかし...。
ちょうどいいタイミングに官僚の男性と出会えるのは、奇跡です。出会えたとしても、忙しい彼には一から恋愛する時間がありません。

 

結婚相談所で婚活する

「官僚の男性と出会って、結婚できる」現実的な方法が、1つだけあります。それが、「結婚相談所」です。

 

近年、婚活ブームとなり、忙しいハイステータス男性が、結婚相談所を利用するケースが増えました。結婚相談所では、仲人が希望をヒアリングし、お見合いのセッティングからフォローまでしてくれます。

 

忙しい男性には貴重な婚活方法だと納得できますね!

 

手厚いサービスの結婚相談所を選ぶ

「じゃあ、結婚相談所に入会しよう!」ですが結婚相談所を適当に選んで入会しても、官僚の男性と出会えるわけではありません。

 

詐欺まがいの悪徳業者や、低収入の男性が多い結婚相談所もあります。そういった結婚相談所には入りたくないですよね。

 

では一体どんな結婚相談所を選べばいいのでしょうか?

 

官僚の男性が求めるのは、「手厚いサービスの結婚相談所」です。官僚の男性たちは、担当の仲人がつき、忙しい男性の代わりに、相手を探したり、予定を調整したり、相手との仲をサポートしてくれるような結婚相談所を求めます。

 

安全でサービスが手厚い結婚相談所を選びましょう!結婚相談所は比較して選ぶことがおすすめです。

 

「ズバット」で官僚と出会える結婚相談所を比較する

 

優良な結婚相談所を16社に厳選し、特徴を比較できる「ズバット」がオススメです。ズバットとは、10万人以上が利用する結婚サービス比較サイトになります。

 

ズバットとは特徴を一覧で比較でき、最大10社までの資料を無料で一括請求できます。結婚相談所の安全性のチェックも必要ありません。あなたの求めるサービスの結婚相談所を選ぶだけです!

 

官僚との結婚。とても魅力的だと思いませんか?一番の近道は、「婚活をはじめる」ことです。

 

あなたの手で、幸せな結婚生活をつかみ取りましょう!

20代向け転職
30代向け転職
40代向け転職
年収を上げたい
未経験の方へ
本社勤務
異業種へ
  • この記事を書いた人

non20140101

-職業別の婚活テクニック

Copyright© 結婚相談所比較ちゃんが徹底分析! , 2019 All Rights Reserved.